松阪牛の肉やギフトの通販はWhat’s Onlinestore[ワッツオンラインストアー]

  • mail
  • password

VISA・JCB・MASTER CARD AMERICAN EXPRESS 代金引換・銀行振込もOK!

営業カレンダー

2017年6月の定休日
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
2017年7月の定休日
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

※赤字は休業日です

松阪牛やきにく

松阪牛焼肉の美味しい食べ方&レシピ

松阪牛焼肉

解凍方法

冷蔵庫内での解凍をおすすめしております。解凍に要する時間は約4~6時間です。

ポイント
冷蔵庫内でゆっくりと解凍することによって、肉の外側と内側の温度差が少ない状態で解凍されるので 旨味成分を含む肉汁(ドリップ)の流出を最低限に抑えることができます。

※商品の厚さや大きさ、室内・冷蔵庫内の温度差などにより、解凍時間は変わります。

基本の焼き方

お肉を焼く10~20分ほど前に冷蔵庫から出して、常温に馴染ませておくと肉に火の通りが良くなり、お好みの焼き加減に仕上がりやすくなります。

※肉の厚さや大きさによって時間は多少前後します。焼き脂には付属の松阪牛脂をお使いください。 

ポイント
焼く直前に軽く(下味程度に)塩、こしょうをするとお肉の旨みを中に閉じ込めやすくなります。 塩をふってから長時間放置しますと、浸透圧の関係で水分が出過ぎてしまい、旨みが一緒に逃げてしまいますのでご注意下さい。
  1. 片面を焼き、お肉の周り部分に肉汁がうっすら見え始めたら裏返します。
  2. 表面に焼き色が少し付いたら、もう一度裏返して軽く焼いて完成です。

    ※肉汁を逃さないように強火でサッと焼くのが美味しくお召し上がりいただくコツです。
    特に赤身肉は火を通し過ぎると、焼き締り、硬くなりますのでご注意ください。

塩のみ、もしくは本わさびと塩でお召し上がりいただくと松阪牛本来の味をお楽しみいただけます。
また、塩こんぶを少しのせて召し上がっていただくと、松阪牛の旨みと塩こんぶの旨みの相乗効果で味に深みが出ます。
(WHAT'S GROUPの祇園店でも人気が高いお召し上がり方です!)

ホットプレートで焼く場合

ホットプレートで焼く場合は、プレートがしっかりと熱くなってから牛脂を馴染ませ、お肉を焼き始めて下さい。

焼き方は基本の焼き方を参照してください。

一度にたくさんのお肉をのせると温度が下がり、お肉から肉汁が出やすくなり肉の旨みが一緒に流れてしまいます。 また、水分が出て蒸し焼き状態になり、肉が硬くなりやすくなるのでご注意下さい。 強火で少量ずつ焼くのが美味しくお召し上がりいただくコツです。

ポイント
お肉を焼いたときに出る脂をナスやエリンギなどに吸わせることによって、肉が余分な脂に接することを防ぎます。
また、野菜やキノコにも松阪牛の脂の芳醇な香りと旨みが移り、よりいっそう美味しく召し上がっていただけるので一石二鳥です。

※野菜やキノコを焼くときに出る水分がお肉に触れないように気を付けてください。
また、海鮮物はにおいがお肉に移ってしまうのを防ぐために、お肉を焼いた後に焼くのをおすすめします。

BBQ・七輪・炭火焼・焼肉用ロースターで焼く場合

BBQなどで炭を使って焼くと余分な脂が落ち、また炭の遠赤外線効果によって表面を均一に素早く焼き上げて 焼き壁ができるので、肉の旨みが中に閉じ込められます。
松阪牛の旨みを逃すことなく焼き上げるにはやはり炭火が一番おすすめです。

焼き方は基本の焼き方を参照してください。

ポイント
網を十分に熱してから牛脂を馴染ませ、お肉を焼いて下さい。
網の温度が低いとお肉が網にひっついてしまいますのでご注意ください。

※火柱が大きくなり過ぎると焦げの原因にもなりますので、火柱の位置に氷を置きながら調整して下さい。
海鮮物はにおいがお肉に移ってしまうのを防ぐために離して焼くことをおすすめします。

ご購入はこちら