松阪牛の肉やギフトの通販はWhat’s Onlinestore[ワッツオンラインストアー]

松阪牛しゃぶしゃぶ

松阪牛しゃぶしゃぶの美味しい食べ方&レシピ

松阪牛しゃぶしゃぶ

解凍方法

冷蔵庫内での解凍をおすすめしております。解凍に要する時間は約4~6時間です。

※商品の厚さや大きさ、室内・冷蔵庫内の温度差などにより、解凍時間は変わります。

ポイント
冷蔵庫内でゆっくりと解凍することによって、肉の外側と内側の温度差が少ない状態で解凍されるので 旨味成分を含む肉汁(ドリップ)の流出を最低限に抑えることができます。

召し上がり方

しゃぶしゃぶには赤身肉をおすすめします。さっと出汁にくぐらせることによって肉本来の香りが際立ちますので、松阪牛の香りを存分にお楽しみいただけます。

ポイント
お肉を焼く10~20分ほど前に冷蔵庫から出して、常温に馴染ませておくと肉に火の通りが良くなり、均一に火が入りやすくなります。

※肉の厚さや大きさによって時間は多少前後します。

松阪牛しゃぶしゃぶレシピ

  1. 鍋に八分目ぐらいの水と、お酒(日本酒)を少々、だし昆布を入れて火にかけます。沸騰する直前に昆布を取り出します。

    ※水だけでは食材が持つ旨味成分が溶け出してしまい旨さが半減すると言われています。 昆布から出るグルタミン酸は旨味成分ですので、肉などの旨味と相乗効果をもたらし、よりいっそう美味しくなります。

  2. 鍋の用意ができたら、まずはお肉から召し上がってください。お肉は2~3度しゃぶしゃぶと鍋にくぐらせます。
    お肉は煮すぎず、薄桃色くらいがもっともおいしい状態です。(お好みに合わせて加熱時間は調節して下さい。)

    ※牛肉が本来持っている香りの一つに「和牛香」というものがあります。
    「和牛香」は80~90℃の温度帯で加熱するともっとも際立つと言われています。
    100℃ではこの香りが減少してしまうので、しゃぶしゃぶをする際は鍋をあまり沸騰させすぎないほうが松阪牛が持つ本来の芳醇な香りをお楽しみいただくことが出来ます。

  3. お肉の香りと旨みが出汁に移ったら野菜を入れていきます。
    野菜は食べる分ずつ入れると鍋の温度が下がりすぎるのを防げます。
    (煮えにくい物から順に入れていきます。)

    ※食材を鍋に繰り返し入れていると、にごった泡のような灰汁(あく)が上面に浮いてくることがあります。 これは、食材のたんぱく質が固まった物で、臭みなどのもとになりますので火を少し弱めて丁寧に灰汁を取り除きますと最後まで美味しく召し上がれます。

  4. 〆は松阪牛の旨みと野菜の旨みが溶け出した出汁でうどん、雑炊、中華めんなどお好みでお楽しみ下さい。

ご購入はこちら