松阪牛の肉やギフトの通販はWhat’s Onlinestore[ワッツオンラインストアー]

  • mail
  • password

VISA・JCB・MASTER CARD AMERICAN EXPRESS 代金引換・銀行振込もOK!

営業カレンダー

2017年10月の定休日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2017年11月の定休日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

※赤字は休業日です

のしについて

  • のし(熨斗)とは?
  • のし紙の種類について
  • 「内のし」と「外のし」について
  • 「内のし」と「外のし」シーン別の使い分けについて
  • のしの表書きと名入れについて
  • のし紙の種類と用途別の一覧

のし(熨斗)とは?

“のし(熨斗)”とは慶事における贈り物(ギフト)や進物に添える飾りのことです。
昔は長寿を表す鮑(アワビ)薄く伸ばして縁起物として贈り物に添えていました。
その後、昆布や紙が代用されるようになり、現在は簡略化され、印刷のしや折りのし(小形の紙をのし包みの形に折り、中に熨斗鮑(のしあわび)の小片を貼り付けたもの)を使用したのし紙や祝儀袋が一般的となっております。
また、本来は品物と一緒に目録をつけて贈り物としていましたが、そのしきたりも簡略化されて、現在では相手に中身を伝えるためにのし紙の表書きを書くようになりました。

のし紙の種類について

現在、贈り物には水引とのし(熨斗)が入ったのし紙を品物にかけることが一般的なギフト包装となっております。水引とは、贈り物(ギフト)の包み紙を結ぶための紙紐のことで、基本的に本数は奇数で作られており、目的に応じて色、本数、結び方がそれぞれ異なります。
のし紙を選ぶ際には、目的に応じた仕様のものを選ぶ必要がありますので、「のし紙の種類と用途別の一覧」をご参考にしていただければ幸いです。

「内のし」と「外のし」について

のしの掛け方には「内のし」と「外のし」の2種類があります。

「内のし」とは、ギフトボックスや品物に直接のし紙を掛けて上から包装紙などで包む形式です。贈り物を手渡しではなく、郵便や宅配便などで直接送る場合は、のし紙が破れたり、汚れたりしづらいので「内のし」をおすすめしております。
「外のし」とは、ギフトボックスや品物を包装紙などで包んだ後に、のし紙を掛ける形式です。手渡しでギフトを贈る場合は、一般的には「外のし」を選びます。
ワッツオンラインストアーでは、自宅お届け希望の場合「外のし」の上から更に包装紙でギフトを包む「二重包装」にも対応致しますので、のし紙が汚れる心配がございませんのでご希望のお客様はなんなりとお申し付けください。

「内のし」と「外のし」シーン別の使い分けについて

「内のし」・・・内のしは包装紙にのし紙が隠れるので、先方にお渡しする時には表書き(贈り物の目的)が見えません。一般的に控えめに贈り物を届けたい場合は内のしを選びます。特に内祝いには内のしが選ばれることが多いようです。現在、内祝いはお祝いを頂いた場合の「返礼品」として捉えられることが多いようですが、もともとは「自分や身内に祝い事があったのでお裾分けいたします」という意味があったそうで、相手の慶事をお祝いする贈答品としての意味合いはなかったそうです。こういったことから内祝いには控えめな表現に感じる「内のし」がおすすめです。
また、郵便や宅配便で先様に直接品物をお届けする場合は、伝票を貼らないといけなかったり、のし紙が汚れたり、破れたりするのを防ぐために基本的には内のしの対応となっております。
ワッツオンラインストアーでは内のしの場合でも、手持ちでお渡ししたいなどのご希望があれば、包装紙の上から更に包装紙を巻く「二重包装」に対応致しますのでお申し付けください。

「外のし」・・・外のしは贈答品をお渡しする時に、表書きが先様にはっきりと見えますので、贈り主様がどういう目的や意図で贈ったかがすぐに伝わります。結婚、出産祝いなど先様に直接手渡しする場合には外のしが適切だと言われています。
ワッツオンラインストアーでは、自宅お届け希望の場合「外のし」の上から更に包装紙でギフトを包む「二重包装」にも対応致します。なので、配送の途中でのし紙が汚れたり、破れたりする心配がございませんのでご希望のお客様はなんなりとお申し付けください。

のしの表書きと名入れについて

本来は品物と一緒に目録をつけて贈り物としていましたが、そのしきたりも簡略化されて、現在では相手に中身を伝えるためにのし紙の表書きを書くようになりました。
表書きは文字が水引やのし(熨斗)にかからないように気を付けて、のし紙の上段中央に記します。
また、名入れは下段に表書きより少し小さめに書き入れます。贈り主の名入れの表記は、個人の一般的なお祝いなら苗字のみ(フルネームでも可)、法人の場合は会社名のみ、もしくは肩書きを含めてフルネームで書きます。出産の内祝いなら子供の名前を書きます。
連名の場合は右から地位や年齢など目上の方から、地位や年齢が関係ない場合は右から五十音順で書きます。書く時には黒墨の毛筆を使用することが正式とされていますが、現在では筆ペンやサインペンで書かれたり、プリンターを使って印刷することが多いようです。
表書きの種類は「お中元」、「お歳暮」、「内祝」、「御礼」、「お見舞い」など様々な種類がありますので「のし紙の種類と用途別の一覧」をご参考にしていただければ幸いです。

のし紙の種類と用途別の一覧

のし紙は「水引」と「のし(熨斗)」からなります。(弔事用ののし紙には縁起物を表す「のし」は付きません。)

水引の種類について

  • 祝いのし 紅白蝶結び(花結び)
    一般祝事、お中元、お歳暮、お年賀などの贈り物には「何度あってもよい」、「何度でも繰り返したい」などという願いを込めて、簡単に結び直せる蝶結びの水引を使用します。紅白の他にも、金赤、金銀などもあります。
  • 祝いのし 結び切り
    「一度きりでよい」、「繰り返すことのないように」などの思いを込めて、主にお見舞い、快気祝いなどに使用します。また、婚礼(結婚祝い、結婚内祝い等)に関しては慶事ですが「繰り返す」ことは良くありませんので結び切りを使用します。
  • 仏のし 仏・藍銀水引
    二度と繰り返すことないお悔み全般には、結び切りの水引で黒白(地域により黄水引)を使用します。おめでたい時に用いられていた右上ののし(熨斗)もつけません。表書きは地域・宗教によって様々ですので注意が必要です。

表書きの種類について

紅白蝶結び使用

季節のご進物 お正月 御年賀、御年始など
お中元 お中元、御中元、中元御伺など
敬老の日 寿福、御祝長寿、祝還暦など
七五三 七五三御祝、御祝など
初節句 御祝、祝初節句、御初節句御祝
お歳暮 お歳暮、御歳暮など
日常のご進物 贈り物 贈呈、進呈、拝呈、謹呈、敬呈など
手土産 粗品、御伺い、松の葉など
御礼 御礼、謝礼、寸志、粗品、薄謝など
陣中見舞い 陣中御見舞、祈必勝、祈御当選、祝優勝、祈御健闘など
職場関係 祝御昇進、祝御昇格、記念品、御栄転御祝など
誕生祝 誕生祝い、祝御誕生日、お誕生日おめでとうなど
受賞・受章 受章記念、祝受賞、祝御入賞など
新築 祝御新築、祝棟上式、御竣工祝、完成御祝など
お祝い事 長寿祝い 寿、御祝長寿、祝還暦、敬寿、祝延寿など
長寿祝い返し 内祝、御礼
結婚記念日 祝○婚式(銀婚式、金婚式)など
結婚記念日返し 内祝、御礼
成人祝い 御祝、御成人御祝、祝御成人など
入園祝い 祝御入園、御入園祝、御祝
入学祝い 祝御入学、御入学祝、御祝
進学祝い 祝御進学、御進学祝、御祝
卒業祝い 祝御卒業、御卒業祝、御祝
就職祝い 祝御就職、就職御祝、賀社会人、御服地料など
宮参り 御祝、御宮参御祝

結び切り使用

結婚祝い 寿、祝結婚御祝、御祝など
結婚内祝い 内祝、寿など
結婚式引き出物 寿
仲人への御礼 御礼、寿
新郎、新婦の実家等への挨拶品 寿、御土産
病気見舞い 御見舞
病気見舞いお返し 快気祝、全快祝、内祝など

仏・藍銀水引使用

仏式の葬儀 御霊前、御供
仏式の法要 御仏前、御供
仏式の返礼 志、粗品、粗供養

※上記の表書きは一例です。地域・宗教によって様々ですのでご注意下さい。